20代の夫婦生活

年代別夫婦生活
この記事は約6分で読めます。

夫婦生活について、20代の方を対象にアンケートを取り、夫婦生活の実態を調べてみました。

男性はセックスの頻度が多いと感じている?!

20代の方を対象としたアンケート結果で気になったことは、セックスの頻度についてどう感じているかという内容です。

以下のグラフは、『セックスの頻度についてどう感じているか』を“多い”、“ちょうど良い”、“少ない”の3択でアンケートを取った結果です。

セックスの頻度についてどう感じているか?

男性の回答は、女性の回答と比較すると、『セックスの頻度が多いと感じる』方の割合が多い傾向にありました。

また、セックスの頻度が多いと感じる理由として挙げられたことは、仕事の忙しさからくる眠気や疲労という回答が多かったです。

女性にも言えることですが、20代は仕事を任せられるようになる年代で、仕事に対するプレッシャーも大きくなる時期です。 そのような時に、セックスに誘われても煩わしくなってしまうようです。

さらに、セックスの頻度が多いと感じている方は、週に2,3回セックスをしているという方が多く、理想は週1回~1か月に2,3回位ということでした。

ちなみに以下は、20代夫婦のセックスの頻度をアンケートにまとめた結果では、ひと月に2,3回という回答が一番多かったです。

20代夫婦のセックス頻度

『いつも自分から誘っているな』と思う女性は、誘う間隔を空けた方が良いかもしれません

妻とセックスしたいと思っている男性は多い

併せて、以下のグラフを見てもらうと分かる通り、妻とセックスしたいと思っている男性の割合は9割以上で、女性の割合よりも多く、性欲がない訳ではないことが分かります。

妻または夫とセックスしたいと思うか?

ここで疑問に思うことは、男性は妻とセックスしたいと思っているのに、『なぜセックスの頻度が多いと感じてしまうのか?』ということなのですが、これは男性と女性でセックスに対する価値観が違うことが考えられます。

セックスをする目的は、性欲の解消だけではなく、コミュニケーションのためであったり、小作りのためでもあります。

特に女性は、出産できる時期が限られていることもあり、妊娠しやすいタイミングがいつ頃かということや、この日はセックスできない等、小作りを計画的に考えている方が多いのですが、男性はそのようなことを考えている方は少ないです。

例えば、女性は『来週から生理が始まるからするなら今日しかないのに…』という女性特有の事情があっても、男性は『一昨日したばっかりだしそんな気になれない…』とセックスに対する意識にギャップが発生することがあります。

小作りに対する意識は女性の方が高い

上記のことを示すデータとして子どもが欲しいかという質問に対するアンケート結果が以下のグラフです。

子どもが欲しいと思うか?

男性よりも女性の方が子どもが欲しいと回答する方が多かったです。

女性は小作りを目的にセックスしたいと思う方が男性よりも多く、男性はそうではない場合が多いようです。

小作りに対する意識の差がセックスに対しての価値観の違いに繋がるのではないでしょうか。

なお、小作りに対するアンケート結果ですが、同様の傾向は30代になるとより顕著になって現れます。

まとめると20代の夫婦では以下のような傾向があることが分かりました。

  • 男性よりも女性の方が小作りに対する意識が高い
  • 男性は性欲はあるが、頻度が多いと感じている方が多い

相手との性生活について悩みがある方は、焦って解決策を探すのではなく、お互いが小作りやセックスについてどう考えているのか理解することから始めてはいかがでしょうか。

20代の夫婦はどんな悩みがあるの?

参考までに、既婚の20代男女を対象に夫婦の性生活についてどのような悩みがあるかアンケートを取りました。

女性の場合は悩みがあると答えた方が多く、夫との関係について問題点を深刻に考えている方が多かったです。一方で、女性と比較し男性の場合は悩みがあると答えた方が少なく、妻との関係を楽観的に考えている傾向にあるようです。

夫との性欲の差について悩んでいる

悩みの中で一番多かったのは、夫との性欲の差について悩んでいる方でした。

夫の性欲が強い場合や、逆に夫の性欲がなくなったことに不安や不満を感じている方が多かったです。

出産後性欲がなくなり、誘われた時に断る理由を常々考えていた。夫に対して、「申し訳ないと思っているが、その気になれない」と伝えると、愛がなくなったと勘違いされて苦しい。

結婚してから、夫の仕事が忙しくなったこともあり、夫の性欲が減ったことが悩み。週1回位が理想だが、思い出した時にする程度のため、少し寂しい。

夫の性欲が強く、私自身は性欲が強くない(自慰行為の方が気持ち良いと感じてしまう)という性欲の強さが合わないことが悩み。現在は子どもが欲しいため応じているが、こどもができたらセックスレスになり、今後の夫婦仲が悪くなるのではないかと不安に思っている。

仕事が忙しく、妻にセックスを誘われても眠気や疲労から断ることが多い。

こどもにばれないか不安

こどもがいると、ばれないようにしたり、するタイミングがなかったり、セックスが思うようにできないことが悩みになってしまうケースがあります。

こどもがいて、自分のタイミングで誘えない。

行為中に子どもが起きてしまうことがあり、お互い不完全燃焼で終わってしまうことが多い。
普段の生活で自分の時間も取れない状況であり、自慰行為もできず、常にお互い悶々としている。
本当はもう少し回数を増やしていきたいと思っている。

セックスレス

結婚や同居がきっかけで、セックスレスになってしまう夫婦もいます。

セックスレスに関して夫がどう思っているか分からないことや、お互いに性欲がなくなってしまいことを悩んでおり、今後の夫婦関係がどうなってしまうのか不安に思っている方が多いです。

夫のことが嫌いではないが、お互いセックスに誘うことがなくなった。夫が不満に思っているか分からない。

夫とは結婚してから1度もしていない。夫はセックスに興味ないように思うし、知識も乏しいため。

時間やタイミングが合わない

セックスをしたいと思っていても仕事の都合で時間やタイミングが合わないケースもあります。

旦那の仕事柄転勤が多いことと、夜勤もあるため、生活を合わせるのが大変。

お互いにしたいと思っているが、そのタイミングが合わないことが多い。

お互い仕事があり、帰宅時間が異なるため、時間が合わない。

セックスのマンネリ化

付き合いが長くなると、セックスのマンネリ化に悩む方が増えてきます。

ずっと自宅にいることや、内容がいつも同じ等、新たな刺激がないことが原因であることが多いです。

付き合っている頃はラブホテルなど毎回違う場所でしていたが、結婚して自宅でするのが当たり前になるとマンネリ化してしまう。

頻度はちょうどいいと思うが、内容がややマンネリ化していると感じる

セックスの頻度を減らしたい

性欲がない訳ではないが、頻度が少し多いと感じている方もいるようです。

妻の希望により、週2,3回の頻度でセックスしているが、週1回位に減らしたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました