夫婦でもひとりになりたいと思うのは当たり前!自分の時間を作ることが夫婦円満のコツ

一人を楽しむセックスレス
一人を楽しむ 夫婦生活
この記事は約4分で読めます。

夫婦で暮らしていると、ひとりになりたいと思う瞬間は必ずどこかで訪れます
愛し合って結婚したはずなのに、相手への気持ちが冷めてしまったのかと心配になる人もいると思います。

ですが、ひとりになりたいと思うのはごく普通の感情です。
ご自分を責める必要がない理由と対処法をお伝えいたします。

ひとりになりたいと思うのは当たり前

夫婦であっても1人の人間ですので、ひとりになりたい時だってあります。
それは自然なことだということを知って、まず自分を責めるのはやめてください。

ずっと一緒にいると疲れる

いくら夫婦でも四六時中一緒にいることは疲れてしまうので、ひとりの自由な時間は必要です。
親や親しい友人といてもそれは同じことを思うはずですので、結婚相手だから違うということはありません。
ひとりで過ごしたいと思うのは新婚でもベテラン夫婦でも同じですので、ゆっくりと落ち着ける時間は、むしろ作る方が好ましいです。

夫婦も結局は他人

冷たい言い方ですが、夫婦といっても結局は他人ですので衝突することはいくらでもあります。
夫婦なんだから分かり合わないといけないと思って、無理に同じ時間を過ごそうとするから余計なストレスが溜まります。
お互いの生活を尊重して、ひとりになりたい時間も大切にするようにしなければ、息苦しくて仕方がなくなってしまうものです。
分かり合えずにカッとなってしまう時なども、ひとりで頭を冷やす時間を作った方が、自分を押し殺して一緒にいるよりも解決は早いです。

仲の良い夫婦は距離感が絶妙

結婚して何年経っても仲が良いご夫婦はいますが、彼らは夫婦の距離の取り方が上手です。
いつもベッタリと一緒にいることだけが仲が良いというわけではなく、お互いのプライベートを尊重しながら夫婦の時間も大切にするというバランス感覚を持っていることで、仲が良い状態を続けています。
相手を束縛することもなく、個人で楽しむことと夫婦で楽しむことを切り分けていて、それが当たり前にこなせているので夫婦であることにストレスを感じません。
一緒に食事をしたり、団らんしたり、休日は外出するなどを常に夫婦共にしようとすると、いつの間にかそれが義務感になってしまうので、夫婦仲がギクシャクすることになってしまいます。

ひとりになりたい時の対処法

一人になりたい時

ひとりになりたいときは、ひとりになってしまうのが正しい解決策です。
ストレスを溜め込まないための対処法をご提案します。

外出してひとりになる

ひとりになりたいと思う時はその感情を抑え込まずに外出などをして、ひとりになってリフレッシュした方が断然良いです。
小さいお子さんなどがいると時間を作るのも簡単ではありませんが、短い時間だけでもひとりになることが出来れば気持ちはかなり楽になります。
旦那さんに出掛けてもらって家でひとりになるのも良いです。
特に専業主婦の人などですと、ひとりの時間は皆無になってしまうので、意識的に作るようにしてください。

個人のスペースを作る

家の間取りにもよりますが、狭くても可能な限り自分専用のスペースを確保することをおすすめします。
個人のスペースがあればそこが拠り所になりますので、実際には家族が周りにいたとしても、精神的にはひとりになることができます。
夫婦の場合、寝室も同じになって特に女性はひとりになる場所が少ないです。
鏡の前や、キッチンなどテリトリーを作るようにしてください。
これからお引越しを検討される方は、納戸でも良いので部屋の仕切りが多い間取りを選ぶことをご提案します。

家族に構い過ぎない

ひとりになりたいと思うことが多い人は、家族に振り回されてしまっていてそこに疲れている可能性が高いです。
優しさの表れでついつい面倒を見てしまうのでしょうが、少し放置することも覚えた方が良いです。
旦那さんに対しても何かと世話を焼いてしまうところですが、大の大人なのですから、できることは自分でやってもらった方が良いです。
子育ても旦那さんにもっと協力してもらいましょう。
旦那さんが手のかからない状態になれば、ひとりの時間を確保するのもそれほど難しくはなくなります。

最後に

夫婦であっても自分の時間は大切にしなければならないので、ひとりになりたいと思うのは罪ではありません。
生活を見直してみて、どうすればその時間を作ることが出来るかを考えて、あなたなりのリラックスタイムを楽しむようにしてください。
それが確立されていることが夫婦円満のコツとなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました