寂しい夫婦生活!妻から誘う誘い方のポイントとは?

セックスレスセックスレス
セックスレス対策
この記事は約4分で読めます。

夫婦関係に問題がなかったとしても、いつの間にか夜の生活が少なくなってしまう場合が多いものです。もう一度昔のような関係を取り戻すためには、妻からどのような誘い方をすればよいのでしょうか?

文句を言いながら誘わない

男性は思ったよりもナイーブな生き物ですから、妻側から誘う時の配慮が必要です。
特に体の衰えを感じている男性にとっては、もし途中で萎えてしまったらどうしようという不安があります。

ですから妻としては、文句を言うなどネガティブな誘い方を避けなければいけません。
以下のようなポイントに注意しましょう。

もう何ヶ月していない等の情報は伝えない

『これだけ期間が空いているので自分は不満なんだ』という気持ちがあるかもしれませんが、それをストレートに伝えてしまうと夫のプライドは傷ついてしまいます。

最近ご無沙汰で寂しいな』という切ない気持ちを伝える方が夫の心に届く可能性が高いのです。

友達夫婦と比較するのもNG

周囲に頻繁に夜の生活が営まれている友達がいたとしても、そこと比較しながら誘うのは避けましょう。

友達夫婦の回数などを伝えて誘ったとしても、それぞれの夫婦の生活があると言われて拒否されるだけです。

断られても別の日に可愛く誘い続ける

妻からの誘い方

女性から男性をセックスに誘うのは勇気のいることです。まして、断られたときのショックは大きいものです。

しかし、だからといって妻から夜の生活を誘わなくなると、セックスレスが深刻になってしまいます。
断られても落ち込まず、以下のように考えて、別の日に可愛らしく誘ってみましょう。

その日はたまたま疲れていただけかもしれない

男性は仕事のストレスで、どうしても妻を抱く気持ちになれないという場合もあるものですから、一度断られたからといって自分が否定されたわけではありません。

その日は、たまたま疲れていてぶっきらぼうに断られただけかもしれません。
少し余裕のある表情で帰ってきた夜に誘えば乗ってきてくれる可能性があります。

本当はもう一度誘ってほしいだけかもしれない

妻からすると最初の誘いで反応してほしいものですが、男性は思ったよりも子供っぽい部分があります。

本当は妻から誘われてとてもうれしいのに、断ることによって、恥ずかしさを隠している可能性がありますし、実はもう一度誘われたいと思っている可能性があるのです。

特にプライドの高い男性と結婚している場合は、仕方がないから抱いてあげるという理由を作ってあげることで、セックスレスを打開できる場合があります。

妻側が少し大人になって、夫の気持ちを立ててあげるなら、次回は夜の生活を取り戻せる可能性が高いのです。

手の込んだ食事やお酒で気分を盛り上げて週末に誘う

夫達は毎日仕事で疲れているのが現実です。
ですから、誘うタイミングでベストなのは、次の日が休みの週末です。

今日なら誘えそうだという日を見つけたら、旦那さんの好きなものを夕食に出し、お酒も提供して雰囲気を良くしておきましょう。

以下の点に注意しておけば、誘う時に成功する可能性が高まります。

食事中に仕事の愚痴を聞いてあげる

せっかく美味しい食事を作ったのに、仕事の愚痴を言われると妻側としては悲しい気持ちになりますが、とにかく受け入れてあげましょう。

そうすればすっきりした気持ちになり、妻に惚れ直すきっかけになるのです。
その夜に誘う時にストレスが減っている状態を目指します。

自分も少しお酒を飲んで恥ずかしさをなくす

夫婦2人でお酒を飲むことによって、お互いに恥ずかしさを紛らわします。
妻として夫を夜の生活に誘うのは本当に恥ずかしいものです。

ですから自分もちょっとだけお酒を飲んで、思い切って可愛く誘えるように準備しておきましょう。

お互いに飲みすぎて酔いつぶれることがないように、お酒の量はコントロールして夜の生活に備えるのも大切です。

最後に

妻から夫を夜の営みに誘うのは恥ずかしく感じるものですが、夫の気持ちに配慮したり、少しの工夫で取り戻すことはできます。
過去に断られていたとしても、嫌われたと決めつけずチャレンジしてみましょう。  

コメント

タイトルとURLをコピーしました