産後セックスレスの原因は?長引かないようにするには

産後セックスレスセックスレス
産後セックスレス
この記事は約4分で読めます。

夫婦に「セックスレスの原因は?」と聞くと、「産後にセックスレスになってしまって」と答える方は少なくありません。

産後のセックスレスと一口に言っても、原因は様々で、それこそ夫婦それぞれ異なります。

以下の記事では、産後セックスレスとなる原因で多いものをいくつか紹介します。

育児による疲労やストレス

産後に大きく変化が起こる事柄として、赤ちゃんが出来て、育児をすることだと思います。

赤ちゃんがいることで、十分に睡眠が取れない日が続いたり、一日中目を離せず、一人になる時間も無くなってしまい、疲れが取れないこともあります。
また当然、外出もまともにできないため、ストレスを解消することもできません。

特に、夫が育児に参加してくれない場合、その負担は、非常に大きなものでしょう。

このように、育児からくる疲労やストレスによって、セックスレスになってしまう方は多いです。

育児を他の人に任せる日を作る

週に一度や、月に一度でも、育児から離れて休養する日を作ってはいかがでしょうか。

夫に全て任せて、自分は育児に関わらない日を作ったり、託児所を利用して自分の時間を作ってリフレッシュする日を作ったりすることで、育児の負担を和らげます。

同様に、家事との両立に疲れているなら、『家事を任せて育児に専念する』対策でも良いと思います。

また現在、育児疲れにより、セックスレスになっているという方は、無理にセックスレスに向き合おうとせず、まずは、ご自身の疲労やストレスの負担を減らすことから考える方が良いでしょう。

何度も断られたことで誘いづらくなって

夫側の意見で、ときどき聞くことは、「何度も断られている内に、誘いづらくなってしまった」という意見です。

出産前や、出産後の育児や家事で、セックスに向き合えず、夫の誘いを断り続けていた場合、夫は誘いづらくなってしまっているのかもしれません。

妻の大変さを見ていて、誘うことを遠慮していたり、断わられ続けて、心が折れてしまうこともあります。

自分から誘ってみては?

この場合、夫は妻のことがイヤになったわけではなく、気を遣って誘っていないだけの場合もあります。
妻の方から誘うことで、簡単にセックスレスが解消することもあります。

しばらくしていないと、気まずいかもしれませんが、時間が経てば経つ程、気まずくなってしまいますので、勇気を出して誘ってみましょう。

ホルモンバランスの変化

出産前後で、ホルモンバランスに急激な変化が起きると言われています。

そのため、過剰にイライラしてしまったり、不安になったりと、精神的に不安定になることがあります。

人によっては、ホルモンバランスの変化により、性欲が無くなってしまう人もいるかもしれません。

出産後、授乳が終わり、生理が再開すると、少し精神的に落ち着くこともあります。

夫にも体に変化があることを知ってもらう

男性は、このようにホルモンバランスにより、体に大きな変化が起きることはあまりなく、知らない方も多いと思います。

「いつもイライラしている」、「自分(夫)に対して文句ばかり言う」など、夫の知識が無いままでは、妻から理不尽に責められている気分になってしまうこともあります。

その結果、夫婦仲が冷え込んでしまいかねません。

夫に対して、「当たりが強くなってしまっているかも」と思ったら、出産後の身体の変化について、話し合い、理解してもらうようにしましょう。

一番身近な存在である夫に、理解してもらえていると思えるだけでも、気が楽になることがありますし、その後の夫婦関係も悪化しづらくなるでしょう。

産後のセックスレスと言っても原因は様々

いくつか産後のセックスレスの原因を紹介しましたが、当てはまらない方もいると思います。

出産により、どのような環境の変化があり、夫または妻に対しての考えや、行動がどう変わったのか、きちんと考えることで、原因も見えてくるのではないでしょうか。

この記事が、産後のセックスレスに悩む方のヒントになれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました