膣の衰えにご注意を 簡単にできる膣トレは?

膣トレマンネリ
膣トレ
この記事は約3分で読めます。

健康や美容面から、お顔のスキンケアや全身の筋トレ、食時などに気を遣う方は多いと思います。

衰えに気付いていない方が多い場所が「膣」で、膣トレというトレーニングが一時期話題になりました。

膣トレというと、セックスの感度を向上させるためと考えられがちですが、健康面でも非常に重要なトレーニングなのです。

膣トレとは具体的にどこを鍛えるの?

膣トレとは言いますが、実際に鍛える部位は、骨盤底筋と呼ばれる膀胱や子宮をハンモックのように支えるインナーマッスルで、この骨盤底筋を鍛えることを指しています。

骨盤底筋は加齢による筋力の衰えの他に、妊娠による赤ちゃんの重さや、出産でも骨盤底筋が弱まってしまうことがあります。

骨盤底筋が衰えるとどうなるの?

膣は女性の体でも非常に重要な役割を持っています。セックスや小作りに関係することはもちろん、排せつにも関係しており、骨盤底筋が衰えると以下のような様々な症状が現れます。

  • 尿道をコントロールする筋力が衰えることによる尿漏れや頻尿
  • 膣の筋肉が緩むことによる子宮脱
  • 肛門の筋肉が緩んだり排せつ能力が低下することによる便秘や便漏れ

また、上記のような症状改善の他にも骨盤底筋などのインナーマッスルを鍛えることで姿勢を改善したり、筋肉を鍛えることでダイエットにも効果があります。

セックス時における膣トレの効果は?

健康面の改善だけではなく、セックス時においても膣トレは効果があります。

セックス時の膣圧を向上させることで、自身の感度も向上し気持ち良くなりやすくなります。
また、パートナーに対しても膣圧が強くなることで、締め付けが良くなるとのことです。

セックスのマンネリ化に悩んでいる方にとっても有効な対策になるかもしれません。

私自身は、自分の感度が向上するという感覚はまだ感じられませんが、パートナーからは『締め付けが強くなったね』と言ってもらえ、それが膣トレのモチベーションになっています。

簡単に鍛える方法は?

膣トレと検索すると様々なトレーニング方法が紹介されています。

膣トレの難しいところは、普段は意識して動かす箇所ではないため、紹介されている内容を参考にトレーニングしても『ちゃんと動かせているのかな?やり方が合っているのかな?』と思うところです。

また、私自身がそうなのですが、効果や成果が分かりにくいトレーニングは続かない方が多いのではないでしょうか。

私と同じような方に紹介したいのが、以下のグッズです。

これは、膣内に入れて力を入れて膣を締めることで、膣トレを行うことができるグッズです。
1日10分位力を入れて、抜いてを繰り返すと良いと紹介されていますが、5分くらいでも効果があるように思います。

中にものを入れて締めることで、締まっていることが感覚として分かりますので、『力が入っているな』と実感することができます。

見よう見まねで膣トレはやったことがあるけど、トレーニングをしている実感がなくてやめてしまったというような人は参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました